2021.10.11 OPEN 美容師専用の業務用品、プロ用材料の総合通販サイト「サロンサプリ(SALONSUPPLE)」

【ファイバープレックス】「脱」白髪染めとは?ミドル世代の白髪ケア

【ファイバープレックス】「脱」白髪染めとは?ミドル世代の白髪ケア
【ファイバープレックス】「脱」白髪染めとは?ミドル世代の白髪ケア

【ファイバープレックス】「脱」白髪染めとは?ミドル世代の白髪ケア

全ての大人にヘアデザインの自由と解放を。

最近、浸透しつつある「脱」白髪染め。
今回は「ファイバープレックス ブリーチ」による、白髪ケアについて解説していきます。

 

「ファイバープレックス ブリーチとは」

ダメージを解決するのではなく、毛髪を強化することであらゆるダメージに耐え抜く強く美しい毛髪へと導く ファイバープレックスシリーズ。
パウダーブリーチとクレイブリーチを組み合わせることで、最小限のダメージで髪の状態や作業スピードに合わせて薬剤コントロールし、お客様に合わせたヘアデザインが可能です。

⚪︎ブリーチ後も高レベルのヘアクオリティを保持
⚪︎状態の悪い髪での色の再現性アップ
⚪︎これまで通りのブリーチ/カラー施術でOK
⚪︎カラーの色ブレ低減
⚪︎続けるごとに次のカラーへの素地ができる

これらを可能にし、これまでダメージをおそれて制約を受けていたデザインの幅を一気に広げます。

 

なぜ今「脱」白髪染めなのか

1.薬剤進歩
カラーでダメージをすることが当たり前だった以前と比べボンディング系処理剤・ボンディング技術が処方されたブリーチ剤やカラー剤・ケア剤の登場により ダメージをコントロールすることで「デザインの幅」が広がり続けています。
2.技術進化
薬剤の進歩によりブリーチの使用機会が増えたことで今までのように一律に明るくしたりハイライトを入れるわけではなく バレイヤージュ・エアタッチ・シークレットハイライトなど 美容師の知識、技術も進化、ブリーチとカラーを適切に使いこなし「表現できるデザイン幅」が広がっています。
3.意識変化
SNSなどで様々なブリーチデザインを目にする機会が増えたことで消費者のブリーチへの心理的ハードルは下がり白髪染めにおいても ただ白髪をカバーするだけじゃなくもっと明るく軽く、より自然に見せたいという意識が高まり新たなニーズが広がっています。

カラーリングしてもすぐに目立ってくる白髪。暗い髪に白髪があると色のコントラストが強いため、どうしても目立ってしまいます。白髪を暗く染めて隠す代わりにハイライト等で明るくデザインすることで色のコントラストを減らすという新しい考え方です。

白髪を目立たせなくさせるだけでなく、ヘアカラーの選択肢が大きく広がりおしゃれ度も一気にアップ!
今やブリーチは若い世代だけのものではなく30代・40代・50代のミドル世代の髪悩みを解決してくれる新しいスタイルです。

 

「脱」白髪染めと使い方のポイント

枝毛、切れ毛98%削減※ ブリーチなのに傷みにくい。

パサつく、ツヤがない、切れる、ごわつく。
そんなダメージによる髪の悩みをお持ちの方に、傷んでしまった後から補修するのではなく ダメージを受ける前に保護して守る毛髪強化システム「ボンディングテクノロジー」を搭載。ファイバープレックスならエイジング毛でもカラーデザインが楽しめます。

※ ドイツ本社研究所にて、ブリーチ剤+ファイバープレックス No.1 ボンド ブースター、No.2 ボンド フィクサーとブリーチ剤で比較した際の研究データ(最大値)

白髪を暗く染めて隠す代わりに白髪を活かしてハイライト等でヘアカラーをデザインします。
白髪は伸びた時スジが出るのでタテにハイライトとして入れることで伸びた時も気になりません。
気になる根元やこめかみ、生え際も目立ちにくく、白髪をきれいになじませてくれます。暗くするだけの白髪染めにマンネリを感じていた方も、白髪だっておしゃれに楽しめます!

「脱白髪染め」はハイライトで立体的なヘアデザインを実現。白髪を活かして明るい色にもチャレンジできるので、顔色もパッと明るく、より若々しい印象を与えることができます。
「白髪染め」というマイナスイメージから「脱白髪染め」で「白髪染め」をポジティブなものへ!
年齢問わず楽しめるデザインで、自分にあったスタイルをサロンで体験してみてください。

パサつく・ツヤがない・切れる・ごわつく。そんなダメージによる髪の悩みをお持ちの方に、傷んでしまった後から補修するのではなく、ダメージを受ける前に保護して守る新しいヘアケアの考え方を!
ファイバープレックスは髪の内部に作用して髪の構造を安定させる毛髪保護・強化システム「ボンディングテクノロジー」を搭載。
ファイバープレックスならエイジング毛でもカラーデザインが楽しめます。

 

「脱白髪染め」への期待度は?

 

オトナ女子(=35~54歳女性)に聞いた 「若いころの美容の楽しさ」を100としたとき 現在の髪・ヘアスタイルへの美容満足度
白髪染めの不満

現状の白髪染めへの不満、「白髪が目立つこと」と8割以上 が圧倒的1位。その他「髪へのダメージ」約6割「カラーバリエーションが少ない」約半数

対象者の中でも、白髪を染めている人に対して「白髪染めの不満」について聞いたところ、7割以上が 「不満あり」と回答。

具体的な不満について聞いてみると、第1位は「染めてもすぐに白髪が目立つこと」 と8割以上の人が回答する結果に。従来の白髪染めでは、黒や茶色の暗い色のカラーをすることで、色のコントラストから白髪が目立ちやすいことが考えられます。

また、全体の約半数の人が「白髪染めのカラーバリエーションが少ない」と回答しており、従来の白髪染めでは、自分らしい髪の実現に障壁があることが判明。
その他、第2位「髪へのダメージ」に関しては、全体の6割以上が回答する結果に。白髪を隠すために頻繁 に白髪染めをしたいが、髪へのダメージを懸念する声も大きく、多くの人が葛藤を抱えていることが判明しました。

 

オトナ女子(=35~54歳女性)に聞いた「脱白髪染め」への期待度

「脱白髪染め」は現状の白髪染めへの悩みをきちんと解決できる、これからの白髪染めとして期待されていることが分かります。「白髪を暗く染めて隠す」ネガティブな考えから「白髪を活かしておしゃれを楽しむ」ポジティブな考え方へ!

参考:ヘンケルジャパン『ヘンケルビューティーケア~オトナ女子の美容満足度と「脱白髪染め」に関する調査~』2021年11月22日発表

「ファイバープレックスを使ったスタイル例」

 

 

 

 

「幅広い提案を実現」

今回紹介した「ファイバープレックス ブリーチ」は、ダメージによるマイナスのイメージをプラスに変えていく、新世代のブリーチです。
若年層だけでなく、ミドル世代も、本製品を使った白髪ケアやカラーなど幅広い提案を実現してみませんか?

シュワルツコフ
ファイバープレックス クレイブリーチ 350g

毛髪保護成分(コハク酸)配合。カオリンクレイ(※)がゆるやかでやさしいリフトを可能にします。
クレイ独自の粘性・固さで塗布した部分以外の薬剤の浸透がおきにくい。狙った部分におきやすく、バレイヤージュやハイライトなど繊細な施術やメリハリのあるデザインが可能通常のファイバープレックスブリーチより明るくはなりにくいため、2回目以降のブリーチオンブリーチに使用することでより髪のダメージに配慮したリフトUPも。

※ケイ素やマグネシウムなどのミネラルを主成分とする粘土。
乾燥などから皮膚を守る化粧品などにも使用されます。
・老廃物、汚れや余分な皮脂などの好ましくない物質の吸着
・抜群の消臭効果
・水分保持効果(水を抱える性質があります)

 

 

シュワルツコフ
ファイバープレックス
パウダーブリーチ 450g

トップクラスのリフト力。高明度をしっかり表現できるため、ヘアデザイン選択の幅が広く、自由に。
毛髪保護成分ジカルボン酸(コハク酸)が毛髪内部のフィブリルにしっかり定着し、酸化のダメージから髪を守ります。うるおい成分としてアミノ酸2種(リジン、アルギニン)を配合。やわらかな中にも適度な粘性を持ち、塗布しやすく、髪にしっかり薬液が滞留。
バランスの良い脱色・脱染作用
リフトする速さのバランスが良く、明度をグッと上げたいときも、様子を見ながら慎重に進めたいときも、両場面で使いやすいブリーチ剤です。

 

ファイバープレックス製品へ

カラーカテゴリの最新記事

PAGE TOP